WWFジャパン(世界自然保護基金)会報誌『地球のこと』2021年秋号に、『めぐりめぐる』 が、紹介されました。


The Nature Library のコーナーで、ご紹介いただいています。


今号の特集は、”水害への対策と生物多様性”。伝統的な日本の治水技術が、防災や生物多様性の観点からも学ぶ点が多いと言う興味深いレポートが掲載されています。

自然をよく知ることから生まれた先人の知恵とは、本当にすごいですね。


何世代にも渡り継承されてきたオオソリハシシギの地球を跨ぐ旅も、まさに先人(鳥)の知恵ですね。



『めぐりめぐる』と『かぜのうた』が、JPIC(出版文化産業振興財団)発行の『この本読んで!』2021年秋号で紹介されました。

「めぐりめぐる」は、特集「子どもたちの未来とSDGs絵本」で、絵本専門士の弘田惠子さんにご紹介いただきました。

「かぜのうた」は、読み聞かせにオススメの作品として「新刊100」コーナーで紹介されています!


詳しくは⇒https://www.jpic.or.jp/konohon/






『めぐり めぐる』(ジーニー・ベイカー作 わだ すなお訳)および弊社設立の経緯についての記事が、共同通信より配信されました。7/15の茨城新聞、7/19の山陰中央新報、7/28の新潟日報などで掲載されています。


『めぐり めぐる』について、オオソリハシシギの生態や、ジーニーさんの制作技術についても紹介いただきながら、「自然の情景が立体的に生き生きと伝わる」と評して頂きました。


また、民話に触れたきっかけを通しての、弊社設立への想いについても触れて頂きました。記事に書いていただいた「自然や生き物と人間との共生」というテーマを大切にして、今後も活動していきたいと思います。